弓道ライフを充実させる!おすすめグッズ10選はこちら ▷▷

【裏ワザ】Webライターがテストライティングなしで受注する方法!合格のヒントも解説

「Webライターのテストライティングで不合格だった…」

「テストライティングで合格するコツを教えて」

「良い案件と悪い案件を見分ける方法が知りたい」

本記事では、そんな駆け出しWebライターによくある悩みに丁寧にお答えします!

本記事の内容

  • テストライティングとはなにか?目的を解説
  • 【ヒント】テストライティングで合格する3つの方法
  • 【裏ワザ】テストライティングなしで受注する方法
  • 【地雷】受けないほうがいい案件を見分ける方法
  • 圧倒的なWebライティングスキルを身につけるには

本記事の信頼性

https://hajiyumi.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0113.jpg
とと
  • 精鋭ライター集団”沖プロ”に所属する現役Webライター
  • 2020年11月は副業ライターとして月収6ケタ達成!
  • 初心者ライター向けにわかりやすく解説していきます!

そもそもテストライティングとは?目的を解説

そもそもテストライティングとは、いったい何のために存在するのでしょうか。ライター経験がある人にとっては、不要に感じることも多いですよね。

結論からお話しすると、テストライティングは、ライターとしての能力やクライアント(依頼主)との相性を試すために行われます。

どのような文章を作成するのかを確認し、なおかつ指示どおりに仕事ができるのかを、見極めています。

また、テストライティングは報酬が少ないケースがあることも覚えておきましょう。なぜなら、クライアントにとってテストライティングは、そのまま起用できるかわからないからです。

少ない報酬で依頼を受けるのに抵抗がある気持ちはわかりますが、採用されれば長期的に継続して依頼される場合もあります。目先の利益だけにとらわれず、長い目で考えるようにしてください。

【ヒント】テストライティングで合格する3つの方法

テストライティングで失敗してしまうと、本採用が見送られてしまう可能性が出てきます。クライアントによっては、何度かチャンスをくれることもありますが、多くのケースで「依頼は難しい」と判断されてしまうんですね。

また、テストライティングに失敗してしまう人には、次のいくつかの共通点があります。

  • ライティングスキルが身についていない
  • レギュレーションやマニュアルを守れない
  • クライアントの意向を把握していない

ではどういうことなのか、さっそく見ていきましょう。

1. 最低限のライティングスキルを身につけておく

文章を作成する上で、最低限必要となるのが誤字・脱字のチェックです。

長文をタイピングしていれば、誰でも打ち間違えてしまったり、変換ミスを起こしたりします。しかし、問題なのは間違えることなのではなく、ミスをしっかりとチェックしない状態で、クライアントに納品してしまうことです。

このような初歩的なミスが多いと、クライアントの修正作業が増えてしまい、ライターに依頼するメリットが失われます。

また、報酬を受け取って文章を作成するプロのライターは、文法ミスにも気をつけなければいけません。教科書のように完璧な文法を身に付ける必要はありませんが、文章が伝わりにくくなるミスには注意が必要ですね。

2. マニュアルを守る

クライアントにもよりますが、テストライティングをする際は、マニュアルに目を通してから文章を作成するように指示されます。

「面倒だから、軽く目を通せばいいか」と軽視してしまうと、何度も修正依頼があったり、採用が見送られたりする可能性が高まるんですね。

テストライティング前には、必ずマニュアルに記載されている内容を理解しておきましょう。

3. クライアントのサイトを確認して傾向をつかむ

自分の感覚だけを頼りにテストライティングしていませんか?実は、我流を続けていると、テストライティングで合格する確率が下がってしまいます。

なぜなら、クライアントの意向に沿った記事作成が難しくなるからです。人によって文章での表現方法は様々ですよね。語尾の使い方から改行の仕方まで、その人の個性が表れます。

クライアント一人ひとりの個性を見抜き、近い表現方法で文章を作成できる人は、テストライティングにおいても、成功する可能性が高いでしょう。

必ずクライアントのサイトを確認し、求めるものを汲み取って表現できるようにしてください。

【裏ワザ】テストライティングなしで受注する方法

プロのライターとして活躍していると、報酬の低いテストライティングをパスして受注したいと考えるのは、当然です。

しかし「経験があるから自信があります!」と口だけでアピールしたところで、クライアントの信頼を勝ちとるのは難しいでしょう。

そこで、ぜひ覚えておいてもらいたいのが、今からご紹介するテストライティングなしで受注する裏ワザです。

1. ポートフォリオ・実績を提示する

まず重要となるのが、クライアントに自分が仕事できるとアピールするためのポートフォリオ・実績の提示です。

クライアントによって求める作品は異なるため、その人に合った内容のポートフォリオ・実績を提示してください。1つの作品集をすべてのクライアントに使い回ししても、高い効果は得られません。

ただし、ポートフォリオ・実績を提示する際には、著作権と守秘義務に気をつけましょう。

万が一、上記のようなポートフォリオが外部に漏れてしまうと、法律に違反する可能性があります。

前作品のクライアントに、あらかじめポートフォリオ・実績として、使用しても大丈夫なのかを確認するようにしましょう。

2. ソフトスキルを磨く

「ぜひ、この人に仕事を依頼したい!」と相手に思わせる魅力がある人は、テストライティングなしでも受注できる場合があります。

そこで、覚えておいてもらいたいのが、クライアントとのコミュニケーションを円滑に図る「ソフトスキル」です。

たとえば、以下のようなことが徹底できると「仕事ができるな」と思ってもらいやすいです。

  • 納期を確実に守れる
  • 修正対応に柔軟に応じる
  • 画像選定ができる
  • クライアントへのレスポンスが早い

注意力が高くて謙虚な姿勢がある人は、特別なことをしなくてもソフトスキルが備わっています。しかし、内面的な性質に基づいたスキルなので、不足しがちな人は自らの向上心で磨く努力が必要でしょう。

なお、ソフトスキルを養うためには理解力も必要です。少ない説明でも、相手が言いたいことを正確に理解する能力があると、さらに自分の評価が高まります。

見せかけのソフトスキルはすぐに見抜かれてしまうので、注意力・謙虚な姿勢・理解力を、日ごろから身に付けられるように努力しましょう。

【地雷】テストライティングを受けないほうがいい案件とは

テストライティングは、クライアントがWebライターの実力を測るために行われます。求めているスキルが違うと、お互いにメリットがないので、必要な工程ともいえるでしょう。

しかし、一方で「タダ同然で記事を書いてもらおう」と良からぬことを企むクライアントもいるようです。

本章では、テストライティングを受けないほうがいい地雷案件の見分け方を紹介していきます。もし、以下のような案件を見つけたら、クラウドソーシングサイト上から通報することも検討してください。

1. 報酬なしor報酬が低すぎる

「育成・添削するのでテストライティングでは報酬は発生しません」「通常報酬の1/3で書いてもらいます」みたいな案件は避けましょう。

目安としては、

  • 文字単価0.5円以上
  • テストライティングの単価が通常単価の1/2以上

の案件にしか応募しないようにしましょう。低単価で書き続けると、体力もメンタルも消耗してしまいます。

2. クライアントが信用に足らない

まずは、クライアントの評価を見てみましょう。クラウドソーシングサイトには、仕事を終えると、発注者と受注者がお互いに評価しあう仕組みがあります。

したがって、一緒に仕事をしてつらい思いをしたWebライターがいると、必然的にクライアントの評価は下がっていくのです。

また、地雷案件には以下のような特徴もあります。

  • 掲載メディアがわからない
  • テストライティングに落ちた原稿をどうするか記載がない など

「テストライティングに落ちた場合は、原稿破棄します」とか言っておきながら、しれっとサイトに載せる悪質なクライアントもいるようです。

ちなみに、もし僕に同じこと起きたら、ブログに載せてコピーコンテンツにしてやります。効果は定かではありませんが。

テストライティングすら不要の圧倒的なスキルを身につけるには

正直、圧倒的なライティングスキルがあれば、テストライティングなんか余裕で通過します。それに、ポートフォリオが充実していれば、いちいちテストライティングなんて手間はかかりません。

そこで、Webライターで稼げるスキルを身につけるなら、Writing Hacksがおすすめです!なぜなら、有名講師の指導により最速で上達できるからです。

講師は30人以上のライターを育成してきた実績のある沖ケイタさんと、精鋭ライターが集うWeb記事編集プロダクション「沖プロ」に所属し、月収100万円を稼ぐライターの原千明さんです!

講座の成績が良ければ、精鋭ライターが集うWeb記事編集プロダクション「沖プロ」での仕事の道も開けます。かくいう私も沖プロから業務を請け負っており、優秀なライティングハックス卒業生と一緒に仕事していますよ!

こんな方にはおすすめしません

とはいえ、そのぶん価格は安くないので以下のような方は遠慮した方が良さそうです。

  • とりあえず買ってみようという興味本位な人
  • 手っ取り早く稼げるようになりたい人
  • 教材を使えば、確実に稼げるようになると考えている人

ぶっちゃけ、受講生でも講座の内容を実践できない人が大多数です。そのなかで、学んだことを愚直かつ忠実にライティングできる方は、ものの数ヶ月で講座代を回収できるでしょう。

ライティングハックスで突き抜けられるライターには特徴があります。

「絶対に稼ぐ!」強い気概を持ち

講師のノウハウ全てをしゃぶり尽くすくらい「講座にとことんコミット」し

学んだことを進んで実践できるライター

です。やるからにはとことん取り組んで、精鋭ライターとして稼ぎまくってみませんか?

>>Writing Hacksを詳しくみてみる