弓道ライフを充実させる!おすすめグッズ10選はこちら ▷▷

【損なし】簿記2級はいらない・意味ない?現役経理マンが理由を検証【+最短学習法】

https://hajiyumi.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0114.jpg
とと
  • 簿記2級って役に立つの?
  • 簿記2級は誰でも取れるから意味ないって聞いたよ。
  • 簿記2級は就職・転職に使えるの?
  • できれば簿記2級を最短で取る方法も教えて。

そんな疑問にお答えします。

実際のところ、簿記2級の試験内容はバリバリ働きたい・稼ぎたい人は絶対に理解しておかなければならない分野です。

そのあたりを詳しく解説しつつ、最短で取る方法まで解説できればと思います。

それでは、いってみましょー!

本記事の内容

  • 簿記2級はいらない・意味ないってホント?【勉強して損なし】
  • 簿記2級の取得をおすすめする理由
  • 簿記2級を最短で学習する方法【独学かスクールです】

本記事の著者

https://hajiyumi.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0113.jpg
とと
  • 経理5年目。地方で単体決算を締める現役経理マンです。
  • 簿記2級は入社1年目で取得しました。
  • 現在はクレアール(通信講座)で簿記1級目指して勉強中です。

クレアールについては過去記事【簿記1級】クレアールの通信講座の評判・口コミ・割引クーポン情報【現役経理マンが解説】で詳しく解説しています。コスパ最強の通信講座なので、いちど資料請求してみるのがおすすめですよ。

簿記2級はいらない・意味ないってホント?【勉強して損はありません】

世間的には簿記2級はいらない・意味ないという風潮があったりします。

でも、企業の経営者や優秀なビジネスマン、会社勤めでなくても稼ぎまくっている人たちはみんな、簿記2級で学ぶ内容を理解して活用しているんですよね。

では、なぜ簿記2級は不要と言われるのでしょうか。理由は集約すると下記の5点。

  • 実務を通して理解できるから
  • 税理士や公認会計士の下位互換だから
  • 資格の取得自体は大した実績にならないから
  • 経理職はAIに取って代わられると予想されるから
  • 専門家がいれば問題ないから

端的に言えば「簿記2級で学ぶ内容は大事だけどさ、基礎的な知識だからそんなに威張れないよ?」みたいなことかなと。

それでは、簿記2級がいらないという理由を詳しく分析していきます。

実務を通して理解できるから【学習の入り口が違うだけです】

企業を経営してきた、経理でOJT教育を受けた、フリーランスとして必死にお金のことを勉強したなど、実務で会計と密接に関わってきた人たちは「簿記2級不要論」を唱えるかもしれません。

やってるうちに身につくぜ!は確かにそうかもですが、一般の人たちにとっては同様の環境を用意できないのも事実です。

一般ピーポーは、簿記2級を入り口にして体系的な知識を勉強することが会計リテラシーを向上させる最短経路です。

税理士や公認会計士の下位互換だから【目的が違うだけです】

こと財務会計に関しては、国家三大資格の一つ「公認会計士」および税務の独占業務を行う「税理士」があります。

これらと比較したら簿記2級なんてへっぽこだからやめとけよみたいな話なんでしょうけど、結局は目的の違いです。

どこまで目指すかなんて人それぞれだし、大企業の経理マンでも簿記2級があれば十分戦力になりますよ。

簿記2級で会計のエッセンスを学べ。

パレートの法則はご存知ですか?

完璧を極めようとすると時間がどれだけあっても足りないけど、理解度80%くらいなら完璧の20%くらいの労力で達成できるよっていう法則です。

財務会計を完璧にするのが目的でなければ、割と少ない時間でエッセンスを学べるので簿記2級はかなりおすすめできますね。

資格の取得自体は大した実績にならないから【内容理解や意欲が重要です】

資格を取れば就活や転職に役立つか、という問いに対しては取ったこと自体は実績にならないという回答になります。

なぜなら、簿記2級の合格率は25%前後と高水準を推移しており、年間10,000人以上が合格する大衆向けの人気資格だからです。

早い人だと2~3か月くらいの勉強で合格ラインに達するので、合格すること自体が評価されることはありません。

重要なのは内容理解や意欲。

仕事で役立つのは簿記2級を学ぶことで得られる知識や会計リテラシーです。

なぜその資格を取ろうと思ったのか、取ってみてどうだったのか、どう活かせそうか、学んで得た知識を使って何を得たいか…などが頭の中で整理できていれば、就職面接でも単なる資格ホルダーではないなとか自分の頭で考えて行動できる人だなと評価されるはずです。

志望度の高さも伝わりますから、理由や目的をきちんと明らかにしておきましょう。

経理職はAIに取って代わられると予想されるから【どの仕事でも自分の頭をフル活用する人しか生き残れない】

数年前の野村総研の報告で、経理職はAIに代替される可能性の高い職業にランクインしていました。

それにより、いまさら経理で役立つ知識なんて勉強するのもムダだよという論調が出てきたのも事実です。

ITを活用できる人材にならないと生き残れない。

とはいえ、その報告から数年たった今、経理の仕事が全てAIに代替されているかというとそんなことはありません。

やはり最終的には人の判断が必要になるのです。代替されていくとすれば、数字を転記したり集計したりといった単純な業務からかなと。

そこで私たちが目指すべきなのは自分の頭で考えることができ、AIを使いこなせる人材です。

これは経理に限らず、これからの社会を生きるすべての人に当てはまることなのではないでしょうか。

専門家がいれば問題ないから【知らないとアウトソーシングもできません】

税務の専門家「税理士」や監査を独占業務とする「公認会計士」と契約を結んで丸投げすればいいでしょ、という見解もあるかもです。

とはいえ、簿記の知識がないと打ち合わせすらまともにできません。それに自分たちで数値を管理していないと、経営戦略を立てることも難しいです。

そこで、世の中の企業は経理を自社もしくは自社グループでもち、必要に応じてスポット的に専門家を活用するという方法が主流になっています。なんにせよ専門家がいれば簿記の知識を身につける必要がないというのは見当違いです。

簿記2級の取得をおすすめする理由

ここまで、簿記2級不要論に対する分析および反対意見を述べてきました。その根底にあるのは簿記2級がマジで有用!という僕の主張です。その理由は下記の4点。

  • 経理の実務に活きるから【戦力として数えてもらえます】
  • 完成された概念だから【一生モノになります】
  • 副業・起業に活きる【稼いだら申告納税】
  • 資産運用に活きる【めざせ不労所得】

経理の実務に活きるから【戦力として数えてもらえます】

簿記2級は株式会社の基本的な経理を学べるのですが、特に最近は簿記2級の価値が上がっているように感じています。

なぜかというと、試験範囲の改定で税効果会計や連結会計など実務でも強く求められる論点が加わったからです。

したがって、簿記2級を持っているとちょっと育てたら戦力になりそうだなと思ってもらえます。僕も部下が簿記2級持ちだったら、めっちゃありがたいです。

完成された概念だから【一生モノになります】

簿記の概念は10年前でも20年前でも同じです。なぜなら、簿記はずっと昔に完成されているからです。

たとえば、プログラミングは最近になって急激に多くに人に普及し、今でも新しい技術がどんどん生み出されています。それにより一昔前の知識が役に立たないということがあり得るのです。

でも、簿記は一種の枯れた技術なので、ノウハウも出尽くし、安定的に運用することができます。会計基準や税制の改正があるのでキャッチアップが必要ですが、基本的な知識は変わらないので得た内容は一生モノです。

副業・起業に活きる【稼いだら申告納税】

政府の声明によって副業解禁の流れが加速し、多くの個人がYouTubeやブログなどを始めています。

お金を稼いだら税金を納めなくてはいけません。そもそもいくら稼いで、どれだけ費用が出たの?とかこれは経費で落とせるの?とか、今までは会社がやってくれていた部分を自分で判断し、税金を計算・申告・納税する業務が発生します。

それは簿記の知識を活用すれば理解が早いです。今こそ簿記を学ぶタイミングなのかなと。

資産運用に活きる【めざせ不労所得】

株式投資などを始めるとき、企業の経営成績や財務状況のチェックが必要になります。やはりここでも簿記の知識が使われるのです。

簿記を活用し決算書が読めるようになると、この数字が何を意味するのか、これからどうなっていきそうか、というのがだんだん見えてくるようになります。

簿記2級を最短で学習する方法【独学かスクールです】

簿記2級は独学でも3か月程度の学習でとれるレベルです。独学向きなのは下記のような人。

  • 試験勉強の仕方を知っている
  • コツコツ努力を積み重ねることが得意
  • スポーツなどでなにかを成し遂げた経験がある

こういう人は仕事をしながらでも、自分を律して独学することができるかなと。

おすすめのテキストは下記の通り。

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】 で購入すれば、送料無料で最大15%OFFとお得です。

簿記2級の独学におすすめのテキスト

もし独学向きでなければ、講座の受講をおすすめします。

おすすめの簿記講座3選【無料体験あり】

教室通学もありますが、個人的には通信講座がおすすめです。

理由は、倍速で授業を聞けたり、通勤・通学のスキマ時間や家事・育児のながら時間に勉強したりできるからです。

なかでも選りすぐりの簿記講座を下記に3社あげてみました。

  • クレアール│非常識合格法※試験に出るところを効率的に学習する通信講座。料金も最安値クラス。リンク先から無料の資料請求(受講割引クーポン付き)ができます。
  • 資格の大原│超大手の資格スクール※通信・通学講座から選択。専門学校を運営するなど実績・ノウハウ十分。無料の資料請求はリンク先ページの画面中央の上部から。
  • スタディング│スマホで完結※動画・音声講座、テキスト・問題集がスマホだけで完結します。他社と比較しても破格の値段設定です。かんたんなID・パスワードを入力するだけで無料の体験講座を受講可能。

個人差があるのでいったん無料の資料請求・体験講座を試してみて自分に合う講座を選ぶのが良いかと。

僕は簿記3級は通学講座で取りましたし、2級は独学です。1級はクレアールを利用しています。

カリキュラムを作ってくれる機能があったりするので、計画を立てるのが苦手という方でもうまく学習を進められますよ。

まとめ:簿記2級はコスパ最強の資格です。

本記事のおさらいです。

簿記2級が不要という意見を細かく噛み砕いて分析しました。

  • 実務を通して理解できるから
    • 一般人は関わる機会がないので簿記2級を入り口にして勉強するのが良い。
  • 税理士や公認会計士の下位互換だから
    • 上を目指したらキリがない。経理として働くレベルなら簿記2級くらい。
  • 資格の取得自体は大した実績にならないから
    • 資格を取った理由や目的を明確に。就職面接では意欲が伝わるかも。
  • 経理職はAIに取って代わられると予想されるから
    • 経理に限らずどんな職業だって同じ条件。単純作業から代替されていく流れ。
  • 専門家がいれば問題ないから
    • 簿記2級くらいの知識がないと要望もまとめられない。

簿記2級を取るべき積極的な理由をまとめました。

  • 経理の実務に活きるから【戦力として数えてもらえます】
  • 完成された概念だから【一生モノになります】
  • 副業・起業に活きる【稼いだら申告納税】
  • 資産運用に活きる【めざせ不労所得】

最後に、簿記2級に最短で合格するための勉強法を提案しました。

簿記2級の独学におすすめのテキスト

簿記を取るのにおすすめの通学・通信講座3選

  • クレアール│非常識合格法※試験に出るところを効率的に学習する通信講座。料金も最安値クラス。リンク先から無料の資料請求(受講割引クーポン付き)ができます。
  • 資格の大原│超大手の資格スクール※通信・通学講座から選択。専門学校を運営するなど実績・ノウハウ十分。無料の資料請求はリンク先ページの画面中央の上部から。
  • スタディング│スマホで完結※動画・音声講座、テキスト・問題集がスマホだけで完結します。他社と比較しても破格の値段設定です。かんたんなID・パスワードを入力するだけで無料の体験講座を受講可能。

Twitterのフォローをお願いします。

もしこの記事がタメになった・気に入った方は、ぜひTwitterも。簿記・経理・ブログなど人生に役立つ有益な情報を毎日カジュアルにつぶやいています。詳細は下記のリンクから。

本記事は以上です。おつかれさまでした。