弓道ライフを充実させる!おすすめグッズ10選はこちら ▷▷

簿記2級は独学できる?【勉強のコツと時間の作り方を経理マンが詳しく解説】

https://hajiyumi.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0114.jpg
とと
  • 簿記2級の独学ってできるの?
  • どの参考書使えばいい?
  • コツとかあればおしえて。

そんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 簿記2級は独学できるか【向き不向きを詳しく解説】
  • 簿記2級の独学におすすめの参考書
  • 簿記2級を独学する際のコツ【アウトプットを増やす】
  • 独学する時間の作り方【狙いどころを定める】

本記事の信頼性

https://hajiyumi.com/wp-content/uploads/2019/12/IMG_0113.jpg
とと
  • 経理5年目、伝票記帳から決算や税務申告を一人で完結。
  • 半年の独学で簿記2級を取得しました。現在はクレアールで簿記1級学習中。
  • 実際の経験を踏まえて、詳しく解説します!

クレアールについては過去記事【簿記1級】クレアールの通信講座の評判・口コミ・割引クーポン情報【現役経理マンが解説】で詳しく解説しています。コスパ最強の通信講座なので、いちど資料請求してみるのがおすすめですよ。

簿記2級は独学できるか【向き不向きを詳しく解説】

簿記2級は就職や転職にもかなり評価してもらえる資格です。難易度もまあまあ高くて、直近の合格率は30%程度、3人に1人合格できるどうかです。

とはいえ年間で6万人が受験する人気資格ということもあり、母数が多いので難関資格とは言い切れないですね。あんまり勉強できなかったけど、とりあえず申し込んでみた層も多いので、実質的にはもうちょっと合格率は高いと思います。独学でもしっかり準備できれば、合格は十分に可能なラインです。

簿記2級が独学で余裕な人

簿記2級の独学が余裕な人は以下の通りです。

  • 学校などで試験に向けた勉強をしたことがある
  • 勉強時間を確保できる
  • 習慣化するのが得意

これらがおおよそ当てはまる人はぶっちゃけ独学で余裕です。市販の教材を購入して、今すぐ取り掛かることをおすすめします。最安値で資格を取るなら、独学に勝るものはありません。

初学者でもだいたい半年くらいを見ておけば大丈夫かなと。簿記3級ホルダーなら3か月くらいで合格ラインに達すると思います。

簿記2級を独学では厳しい人

逆にこんな人は独学はあまりおすすめできないので別の方法を考える必要があります。

  • 学校の試験勉強の経験が少ない
  • 勉強時間が確保できない
  • 気分屋でモチベーション作りが苦手

そういう方におすすめなのは通信講座かなと。

特にスタディングはかなりおすすめで、通勤・通学のスキマ時間とか家事・育児のながら時間に効率的に勉強できます。勉強の進捗管理も勝手にやってくれますし、何より価格が安いです。興味のある方はいったん無料お試し講座を受けてみるといいかもです。

>>スマホで学べるスタディング 簿記講座の無料体験はこちら

簿記2級の独学におすすめの参考書・問題集

合格するのに必要なのは下記の2種類です。

  • 参考書・テキスト
  • 過去問・予想問題集

必要に応じて問題集を購入してもよいと思いますが、個人的には不要かなと。テキストにも最低限の確認問題が付いていますし、何より過去問形式の問題が解けるようにならないと試験で合格できないからです。

TACのテキストを使っておけばとりあえず問題ないです。僕のおすすめは王道のスッキリわかるシリーズです。

簿記2級を独学する際のコツ【アウトプットを増やす】

問題を解く時間を増やす、アウトプット型の学習を意識しましょう。テキストの情報をインプットするよりも多くなるようにしていきましょう。具体的な手順は以下の通り。

  1. ざっくりテキストを読む(2週間くらいで)
  2. 過去問題を読み込む(問題文の意味が分かるまで読むだけでOK)
  3. 解けそうなところだけ解く
  4. 解けないところは解答とテキストを参照する
    • 手順2から4を繰り返す

簿記2級の独学の進め方

実際に解いてみると案外わからなかったり、疑問点が浮かんできたりします。その時にテキストに立ち戻って調べることで、知識を深めるようにしましょう。より実践的な解答方法が効率よく身につくのでおすすめですよ。

テキストだけ読んで満足しないように気を付けましょう。

なんか難しそうだなって人は通信講座にしちゃうのが手っ取り早い場合もあります。

>>スマホで学べるスタディング 簿記講座の無料体験はこちら

独学するための時間の作り方【狙いどころを定める】

人それぞれ1日あたり24時間を平等に与えられています。工夫次第で勉強時間を増やすことが可能です。狙いどころの時間帯やアクションプランは下記の通り。

  • 通勤・通学中
  • 家事の最中・育児の合間
  • お昼休み中
  • 早起きして朝活
  • 効率よく仕事を終わらせて、終業後に時間と体力を残しておく
  • 飲み会を断る
  • 土日のうち1日を勉強にあてる

毎日すこしでも勉強する時間を確保できると、合格できる確率はグンと高まります。

特に音声学習や動画学習ができる点で通信講座は優秀です。スタディングなら、テキストや問題集もスマホ完結なので、持ち運ぶ教材もありません。無料お試し講座を受講してみるのも選択肢としてはありかと。

>>スマホで学べるスタディング 簿記講座の無料体験はこちら

まとめ:簿記2級の独学はできる

本記事のおさらいです。

独学の自信がない方は、通信講座がおすすめです。まずは無料お試し講座から始めてみるといいかと。

>>スマホで学べるスタディング 簿記講座の無料体験はこちら

本記事は以上です。

簿記2級の取得はのちのち生きてくるので、勉強して損はないですよ。